2012/11/20

トランスフォーマー/「グッとくるフィギュアコレクション」総司令官ジンライ(前編)

 
 
 

 
 

 
 
さて今回は
 
グッとくるフィギュアコレクションNo.51
トランスフォーマー・超神マスターフォース/ジンライ
 
を紹介します。撮影枚数が多くなったので今回も前後編です。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
・総司令官ジンライ
 
ジンライは1988年に展開された「トランスフォーマー・超神マスターフォース」に登場。MFは「人間がトランスフォーマーに変身して戦う」というTFの中でも異色の作品となっています。
 
今回の「グッコレ」版は地球人の青年「ジンライ」が「マスターフォース」形態に変身した姿での立体化となります。
 

 
 
 
 
 

 
・開封状態および付属品
 
 
「グッとくるフィギュアコレクション(通称グッコレ)」は「シーエムズコーポレーション」より展開されている可動フィギュアブランドで、非常に多くの作品が同ブランドにてフィギュア化されています。
 
トランスフォーマーからは「ミネルバ」に続き2人目のグッコレ化となるジンライ。女性キャラがほとんどを占めるグッコレにおいて男性キャラのフィギュア化はかなり珍しい模様です。

グッコレジンライは「笑顔・通常顔・怒り顔」の3種の表情パーツが、メット着脱前後で合計6つ付属しています。また4種8つの交換可能な手首パーツが付属。
 
 
 
 
 
 
 

 
・顔アップ
 
アニメ本編を元にややアレンジされたという印象。個人的には問題無い出来と思っています。
 
ジンライ(Ginrai)」は長野県出身の19歳の青年。束縛されるのが嫌いな性格で17歳で渡米、トラックの運転手をしていました。
その後偶然サイバトロンとデストロンの戦いに遭遇し、自分が「ゴッドマスター」という選ばれた存在である事を知るコトになります。

 
 
 
 
 
 

 
・メット着用時
 
ゴッドマスター」はマスターフォース姿に変身した地球人がエンジンに変形、ビークル型の「トランステクター」に「ゴッドオン(合体)」する事で誕生する新種のトランスフォーマーの事です。
設定的にはトランステクターの再生能力を備え、天・地・人の「三大超魂パワー」を使えるのが大きな特徴。
※当ブログでは以前「ロードキング」を紹介しています。
 
G1展開期の1988年に発売された「ゴッドマスター総司令官スーパージンライ」の玩具には「ジンライ」マスターフォース形態のフィギュアが付属、グッコレジンライはこれを元にしています。

 
 
 
 
 

 
・ジンライいろいろ
 
設定ではジンライはエンジンに変形(※グッコレには変形機構はありません)、TFの魂「アイアコーン」としてトランステクターに合体し、超ロボット生命体のボディとなります。
トラックと合体して「ジンライ(手前左&奥右)」、さらにコンテナと合体して「スーパージンライ(手前中央)」、さらにさらに強化ロボ「ゴッドボンバー」と合体して「ゴッドジンライ(手前右)」にパワーアップします。
※スーパージンライ及びゴッドジンライは以前食玩版を記事にしています。
 
ジンライは戦いのさなか「プリテンダー」達によりサイバトロンの「総司令官」に任命され、マスターフォース戦争を戦い抜きました。
 
 
 
 
 
 
 

 
・・・余談ですが「スーパージンライ(当時版)」玩具付属のカードではジンライの設定は「アメリカ出身、20歳」となっており、アニメの「日本出身、19歳」とは異なります。
今回の記事とは特に関連は無いのですが(あくまでアニメのジンライのフィギュア化なので)せっかくカード引っ張り出したので掲載しましたw

 
 
 
 
 

 
・背面
 
グッコレジンライのエンジン部は当時の玩具版を意識してかメッキ加工されています。本来の玩具のピン止めの部分もそれらしく表現しているのが見事ですね~。

 
 
 
 
 
 

 
エンジン部の裏面にはメカニカルなモールドが、
塗装も細かく、シブイ仕上がりとなっています。

 
 
 
 
 
 

 
グッコレ共通の「新グッコレスタンド」が付属。画像ではG1玩具パッケージに描いてあるポーズをなんとか再現してみました。
 
・・・関節は一通り可動するのですが基本的に可動範囲が狭く、特に腕はほとんど横に開きません。股関節周りも工夫しないとポーズ付けが難しい印象ですね・・・

 
 
 
 
 

 
・パッケージ裏
 
以前発売された「No.49ミネルバ」同様、マス目風デザインやテックスペック表記等「トランスフォーマーG1」期のパッケージデザインを踏襲しているのが特徴的です。
 
 
ちなみに「グッコレ」はブランド通してのナンバリングとなっており、ミネルバとジンライの間のNo.50は他作品「yes!プリキュア5/キュアレモネード」となっています。
 
 
 


 
 
 
まずは前編終了、
後日UP予定の後編ではいろいろポーズを付けたり、他のフィギュアと絡めた画像など紹介していきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント