2014/03/29

3月旅行記/旅行で買った玩具編(ゴッドマーズ、ジバン、パワーレンジャー等々・・・)

 
 
 
 
 

 
ようやく多忙期のピークが過ぎた感じかな・・・。
さて今回は、先週の東京旅行で買った玩具をざっと載せていきたいと思います。
 
 
 
 
 
 

 
まずは「トランスフォーマー」より
◎ゴッドマスターブレス・ジンライ
 
マスターブレスは人間がTFに変身する「超神マスターフォース('88)」展開期に発売、地球人が「マスターフォース」形態に変身する為に使ういわゆる「変身アイテム」です。
 
ヘッドマスターブレス・ゴーシューター(銀)」と「ゴッドマスターブレス・ジンライ(金)」の2種が出ています。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
祈りこめて 重ねるんだ♪
さあ金色の マスターブレスを♪
 
・・・私は以前ゴッドマスターブレスを所持していたのですが今は行方不明に・・・(T T)、今回改めて買い直しました。
 
ブレスはスプリングで腕に装着される・・・のですが子供の手首に合わせて設計されているので私の手首には完全にははまりませんw

 
 
 
 
 
 
 

 
パッケージ裏
 
アメコミ風の「KASHA!」「Pi」といった擬音がなんか笑えます。付属の「マスターフォース」バッジはクリップ式で装着出来るのですが、ジンライさんはドコに装着しているんだ!?w
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
◎DX電子忍者・飛影
 
忍者戦士・飛影(とびかげ)」は1985年に放映されたロボットアニメ。「DX電子忍者飛影」は「超合金」版にあった合体ギミックが無い代わりに発光ギミックがあり、武装も豊富です。
 
これは中古ショップにて発光ギミックが動作しない代わりに定価より安く買う事が出来ました、状態も良好。

 
 
 
 
 
 
 

 
電池フタを開けてみると端子部分に緑色のサビ(?)が付着しており、それを除去・研磨することで・・・発光が復活!!
これにはテンション上がりましたね~。
 
電子忍者飛影はスイッチを入れる事で頭部・胸部・腹部が電子音(いつものアレw)を鳴らしながら発光します。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
29年前に買った飛影と1週間前に買った飛影
 
・・・実は「DX電子忍者飛影」は子供の頃買ってもらっており思い出深い玩具だったりします(アニメの記憶はほとんど無いのですが)。今回武器・ギミック共に良好なモノが手に入ったのでちかぢか単体で記事と作ろうかと考えています。

 
 
 


 
 
 
 
 
 

 
◎超合金リアルタイプ・ゴッドマーズ
 
アニメ「六神合体ゴッドマーズ('81)」放映期に発売された超合金のひとつ。
 
ゴッドマーズは劇中同様の変形合体をこなす「DX超合金」を頂点に「STD超合金」「カスタムタイプ」「リアルタイプ」「コレクションタイプ」等多数の超合金玩具が登場しました。

 
 
 
 
 
 

 
「超合金リアルタイプ」は頭長約12cm、最大の特徴は合体ギミックが無い代わりに全身可動モデルとなっています。
 
今でこそ当たり前ですが、これが発売された1982年当時は「可動を重視したロボット玩具」そのものがまだまだ珍しく、超合金でも可動を重視した「リアルタイプ」はこのゴッドマーズと「科学戦隊ダイナマン('83)/ダイナロボ」のみとなっています。
 
面白いのは脚部の可動、足首も動きますし下腿部にはサスペンションが入って伸縮します。

 
 
 
 
 
 

 
胴体と脚部を中心に合金も多様されており重量感もバッチリ。ちなみにリアルタイプゴッドマーズはアニメカラーと画像のスペシャルカラーの2色が出ていました(当時のガンダムブームの影響を感じます)。
 
胴体を開く事で小型の「ガイヤー」を収納する事が出来た模様ですが、私のはジャンクで購入したのでガイヤーと武器は欠品です。

 
 
 
 
 
 
 

 
武器「六神剣」・・・は欠品だったので、メカゴールドの時同様「超合金魂バイカンフー/剣狼(ロム用)」を持ってきました。
六神剣よりも劇中の「マーズフラッシュ」にまだ近い感じがしますw

 
 
 
 
 
 
 

 
必殺技「ファイナルゴッドマーズ」の直前カットみたく
 
小型サイズでグリグリ動かせるなど、個人的に好みな方向性の玩具ですね~。

 
 
 
 
 
 
 

 
同じく超合金より
◎超合金・機動刑事ジバン
 
「機動刑事ジバン」は1989年放映のメタルヒーロー第8作。ジバンはメタルボディに相応しく、ジャスピオン以来4年振りに超合金フィギュアが発売されました。

 
 
 
 
 
 
 

 
私は箱無しのルーズ品を購入。武器は「マクシミリアンTYPE3スティックモード」と「オートデリンガー用ミサイル」が欠品でしたが他は付属していました。

 
 
 
 
 
 
 

 
なんとなく並べてみたかった方々w
 
ジバンのイメージ元となった「ロボコップ」がリメイクされたり、私事ではコレを購入した直後に生ジバンを見れたりと個人的にタイムリーな時期に入手出来たと思っております。

 
 
 


 
 
 
 
 
 
 

 
◎AUTO MORPHIN RED RANGER
(シリーズ2バージョン)
 
パワーレンジャー('93~)」からは変身ギミック付きフィギュア「オートモーフィン・パワーレンジャー」の二代目レッド「ロッキー(画像右)」版を入手!
 
パワーレンジャーではシーズンの進行と共に、スーツは「ジュウレンジャー」のままで一部のメンバーのみ交代しました(過去記事に少し書いています)。
 
「オートモーフィン・パワーレンジャー」は変身前の俳優に似せているのも大きな特徴なのですが、メンバー変更に伴い頭部も「ジェイソン(左)」から「ロッキー(右)」に変更されたものが発売されました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
「It's Morphin'Time!!」
 
バックル部分を押すと頭部が回転しレンジャーに変身!、変身後の頭部は両者とも共通です。
 
武器は「パワーソード(龍撃剣)」「ブレードブラスター(レンジャーガン)」が付属、これも共通。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
・パッケージ比較
左がシリーズ1(ブラック)、右がシリーズ2(レッド)
 
大きな特徴としては、シリーズ1ではカラーでは無く「変身前の名称(画像のブラックの場合はZack)」が強調されて書かれています。これは「カラテアクション・パワーレンジャー」等他の初期のパワレン玩具に見られました。
 
シリーズ2以降は「レッドレンジャー」等レンジャー名の表記となり、以後現在展開中の「スーパーメガフォース(ゴーカイジャー)」まで続くスタイルとなっています。

 
 
 
 
 
 
 

 
・パッケージ裏
 
パワレンはシーズン2にレッド、ブラック、イエローがメンバー交代。またグリーンレンジャーの「トミー」がホワイトレンジャーに転生。
それに伴い「オートモーフィン」では4体のレンジャーが新しく発売されました。
 
以前海外オク等でこのロッキー版を探してもなかなか良いのが見つからなかったのですが、今回偶然入手出来て嬉しく思います。

 
 
 
 
 
 
 

 
ちなみに・・・。
パワーレンジャーはシーズン3までは「スーツはジュウレンジャーのままで、ロボのみ変更」という流れでした。

ロッキーはシリーズ2からの参加で、主に「レッドドラゴンサンダーゾード(龍星王)」「レッドニンジャエイプゾード(ゴッドサルダー)」等に搭乗しました。
 
日本風に言うと「スーツはジュウレンジャーなのに守護獣に搭乗していない」というコトになりますw。こういう国内版との細かな違いも面白いな~と思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
◎ULTRA-ACT ゴッドゼノン
 
今回最後に紹介するのは「電光超人グリッドマン('93)」よりACT版ゴッドゼノン。これのみ旅行で買った玩具では無く「プレミアムバンダイ」で予約、私が旅行中に自宅に届きました。

 
 
 
 
 
 
 

 
「ゴッドゼノン」は元々3機のアシストウェポンが合体して完成するロボでしたが、ACT版は合体がオミットされた代わりに可動モデルとなっています。
 
画像はゴッドゼノンとしては初陣の相手である「マグネガウス」のソフビ(電光ヒーローコレクション)と戦わせてみました。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
いろんな会社のグリッドマン&ゴッドゼノン
 
「グリッドマン」は元々タカラがスポンサーの作品でしたが、現在はバンダイが玩具を出しています(ワタルや勇者シリーズ等もこのパターンですね・・・)。
 
左から「ACTグリッドマン」「ACTゴッドゼノン(共にバンダイ)」「スーパーヒューマンサムライ/サーボ(プレイメイツ)」「電光ヒーローコレクション/ゴッドゼノン(タカラ)」「DXグリッドマン」「DXゴッドゼノン(共にタカラ)」
タカラ製のDXは変形合体を見事にこなし、今見ても非常に完成度の高いアイテムだと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
・・・そしてどうしても並べたくなる2人w
 
 
 
 


 
 
 
 
前の玩具購入記事に続き今回も一気に紹介するスタイルになりました、こうして見ると旅行前後でガッツリ買ったなあ・・・。

 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント