2014/07/02

ボットコン2014旅行記(3)/旅行初日・ボットコン2014参加登録編

 
 
 
 

 
 
前回の記事で東京~ロサンゼルス~パサデナのホテルと旅したツアー御一行。
 
…そしてそのまま間髪入れず「ボットコン2014参加登録」の為に会場の「パサデナ・コンベンションセンター」に向かいました。
この時アメリカでは19日夕刻18時頃(日本では20日午前中)。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
BOTCON2014」の参加登録は発行された「インボイスナンバー」の順に従い、18時・19時・20時の3グループに分かれて手続きを行います。
この為会場には凄まじく長い行列が出来ました。
 
…今年のボットコンは日本からの参加者も(例年に比べ)多い模様で、行列の中では日本でもお馴染み「アンドリュー」さんやTFオフでよくお会いする「ゲンゴロウ」さん、またツイッターで相互フォローでもリアルでお会いするのは初めて…という方とも挨拶しました。
 
画像は気が遠くなる行列の中参加者の癒しになっていた(と思う)、通称「テイルゲイ子」ちゃん。小柄な体格といい仕草といい、いちいち可愛かったw
(※うずまささん画像ありがとうございました)

 
 
 
 
 
 
 
 

 
会場にはここで初公開?となる限定トイセットが展示
既に日も経っているのでざっと紹介すると
 
・「ナイト3パック」(アルファトライザー、エイプリンク、フレアアップのオートボット騎士セット)
 
・「パイレーツ2パック」(ザ・ハンター=ショカラクト、ブリムストーンのディセプティコン海賊セット)
 
・「クローン2パック」(ウィングスパン、パウンスのセット)
 
となりました。この他今年のサブスクリプションも数体展示。

…ちなみにこの前日には「カスタマイジングクラス」のTF組み立て教室が開催され、そこでこのクラスのフィギュアが「プライマルプライム(ビーストウォーズ10thゴリラのレッドクリア版)」と判明しました。
…これ知ってればパッケージ申込の際自分も頼んだのになあ、ちくしょうw

 
 
 
 
 
 
 
 

 
ボットコンの参加登録、私は19時台の列に割り振られていました。…ただ実際の受付時間はもっともっと後だった記憶があります…。
 
気が遠くなる程の行列を経て、ようやく参加登録を行いました。ここで「インボイスナンバー」と「パスポート」を提示し、参加証と各種案内、そして待ちに待った限定ボックスセットが貰えます!!(゚∀゚)ウヒョー!!!!!!!
 
ボックスと共に貰えるボーナスフィギュアは女性型TFの「フレイムウォー」。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
…さて、死ぬ程並んで参加証&ボックスセットを手に入れた後は「スーベニア(お土産の意…いわゆる会場限定グッズ)」購入の列にさらに並びます…ツカレタw
 
スーベニア」は前述の限定トイセットの他にも限定カードやポスター、TCC限定グッズに前年の「ボットコン2013」限定トイの売れ残…割引品等も買うコトが出来ます。
 
列に並んでる間にあらかじめ渡された用紙に販売品のリストが載っており、欲しい物にチェックを点けていきます(少し進むとグッズが展示されているので確認も可能)。その用紙を渡して購入…という流れです。
※ちなみに限定トイパックは購入数制限あり。
 
…私は限定トイは「ナイト3パック」のみ購入、リョウマさんとかはしっかり全種購入されていました。…本当はカスタマイジングクラスの「プライマルプライム」も売っていたのですが売り切れたという…(;ω;)

 
 
 
 
 
 
 
 

 
スーベニアでツアー参加者が思い思いの買い物を済ませた所で本日の日程がようやく終了。この時点でもう現地時間23時近くだったと記憶しています。
 
晩飯はホテル近くのバーガーショップでアボガドバーガーを喰らいました。デカくて美味しいけど確実に手が汚れるという…w

 
 
 
 
 
 
 
 

 
…ホテルに戻って、この日入手したブツを撮影
初日から物凄い大収穫でウハウハです!
コンボイパンツはターゲットで買ったよw
 
…反面、翌日以降サイフ大丈夫かな…?という不安が…w

 
 
 
 
 
 
 
 

 
翌日も早いし早く寝なければいけないのだけど、買ったオモチャで早速遊んでしまうのがオモチャ好きの性w
 
ボックスセットの中でも一番楽しみだった「ジンライ」を開け、日本から持ってきたキングポセイドンの剣を持たせたりして遊んでました。その名は~ジーンーライー♪
 
 
 


 
 
 
…こうして、時差の都合もあって長い長~い一日は終わりを迎えました(記事も予想外の長さに)。
 
次回はいよいよ本格的に始まる「ボットコン2014」初日、そして大規模イベント「トランスフォーマー・ファンエクスペリエンス2014」について書ければと思います。

 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント