2010/11/30

「振り返る」を振り返る/「トランスフォーマー・カーロボット」を振り返る(30)

 
ちょうど30回目なので、締めの記事を作ってみました。
 
・・・という訳で「カーロボ10周年を記念し、発売月順に玩具を紹介する」というスタイルをとった連載「トランスフォーマー・カーロボットを振り返る」を終了したいと思います。
 
振り返ってみると、私が「カーロボット」が好きな理由を、文字にする事で改めて確認する事ができました。
また周りの皆様の影響、特に「カーロボ10周年祭り」に参加した事がきっかけで、連載初期は軽視していたアニメ版を観返し、当時気づかなかった面白さに気づけたのも有意義でした。
 
個人的には、今ビークルTFが充実している中で私が「あえてカーロボにこだわる理由」を書けて良かったと思っています。もしかしたらまだ書き忘れている事や、今回書ききれなかった事(同時期の海外展開について等・・・)もありますがそれは連載とは別に通常のTF記事でフォローしていこうと思っています。

来年は海外で「RID10周年」に当たりますし、TCC限定で「スピードブレイカー(Sideburn)」が出る事も決まってたりと、これからのカーロボにまつわる展開にも密かに期待したいと思います!
 

 
最後になりますが、連載記事を御覧になった方々、及びコメント、ポチ下さった皆様、本当にありがとうございました!!m(_ _)m
 
皆様に「トランスフォーマー・カーロボット」というシリーズを知って戴くきっかけになったり、既にご存知の方も再認識して戴く事が出来ましたなら、私としても嬉しく思います(^-^)
 
 
 
 

 


 
 
スポンサーサイト



2010/11/30

番外編・「ボットコンジャパン2000」の思い出/「トランスフォーマー・カーロボット」を振り返る(29)

 
※「トランスフォーマー・カーロボットを振り返る」とは・・・
2000年に展開された「トランスフォーマー・カーロボット」の10周年をひっそりと記念して、発売された玩具を元にきわめて個人的な視点で当時を振り返る、という不定期連載企画です。


 
トランスフォーマー・カーロボット」が展開されていた2000年もそろそろ終わろうとしている12月、東京にてトランスフォーマー国内最大のイベント「ボットコンジャパン2000」が開催されました。今回はその事について当時の記憶をほじくり返しながら書いていきたいと思います。
※あくまで一参加者の、それもだいぶ頼りない記憶を元に書いてるので、一部抜けてる所や記憶違いがあるかもしれません。ご了承下さい。
 
 
そもそも「ボットコン(BOTCON)」というのは、1994年よりアメリカで開催されているトランスフォーマー最大の祭典で、アメリカでは途中色々あったものの現在もなお続いています。日本国内では1997年に「ボットコジャパン'97(スーパーフェスティバル内で開催)」翌年に「ボットコンジャパン'98」、そして2000年に今回記事にする「ボットコンジャパン2000」が開催されました。
 
なお、「ボットコンジャパン2000」は現在の所国内で行われた最後の「ボットコン」となっております。
 


 
「ボットコンジャパン2000」は2000年12月17日、「都立産業貿易センター台東館」で開催。当時の私は関東に住んでいて、前日には高校時代からの玩具仲間達・・・当時仙台に住んでいた友人S君(詳しくは後述)、当時京都に住んでいた友人N君(当ブログ的にブロリーコレクションで有名!?)が関東の私のアパートに集結、当日は行動を共にしました。

 


・・・恐らく同じ様な熱いTFファンが日本中から集まったのか、当日は会場までは行列!会場内にも多くの人がいました!当時は「トランスフォーマー」のファン数は少なくとも今よりは確実に少なかったと思うのですが、会場は多数の人と共に活気に溢れており、嬉しく感じましたね!
 
画像はボットコンジャパン2000限定アイテム「トランスフォーマーチョロQ」です。左から「リジェ」「G2メガトロン」「初代コンボイ(今で言うG1コンボイ)」の全3体。これらは入場の際1人1体貰え、会場内で購入する事も出来ました。

 


チョロQの後ろには「BOTCON JAPAN 2000」の文字があります。
当時は1~2体持っていたのですが後年友人からリジェを譲ってもらってコンプしました。
 
他には「TFカーロボット/作戦コンピューター・アイ」のレジン製フィギュア(タカラ製では無くいわゆる「当日版権」モノと思われます。原型は「キスぷれ」や、「ピンクコング3」の広告イラスト等が印象的な大嶋優木さん)も販売されたのですが、こちらは残念ながら入手出来ず・・・。これは未だに欲しいと思っていますが出回らないですね・・・。
 




ここからは当時の使い捨てカメラで撮った画像メインになります、まずは会場の展示物(※画像右下クリックで拡大、以下同様)。

2000年当時の「歴代コンボイ大集合」や、当時の最新シリーズ「カーロボット」にちなんだ「歴代カーロボット玩具(よく見るとTF以外も・・・!?)」、他にも様々なTFグッズが展示されていました。
 

 


会場では「トランスフォーマー」と世界感を共有している「G.I.ジョー(G.I.Joe A Real American Hero)」より、TFとの共演を玩具で再現したミニジオラマも展示されていました。当時は「GIジョー」には詳しくなかったのですが、ジョーにハマった後の今見ると色々な事が分かって面白いです。
 
当ブログ的に注目したいのは画像下段!
「メガトロン」のG1版からG2版の転生については、実はTFコミックでは無く「G.I.Joe Starring Snake Eyes」にて描かれました。会場ではその辺りのシーンも再現してあります。

近年私&一部のブロ友さんで超小規模のブームを起こしている変態ニンジャ集団「ニンジャフォース」がトランスフォーマーの祭典「ボットコン」会場で集結している様は今見るとなんだか笑いを誘います。ブシドーやヌンチャク!T'JBangがいる!!!!!(笑)
 

 


会場のみなさんで参加出来るコンテストの作品の数々!
 
 
 


こちらは「オリジナル変形コンテスト(正式名称忘れました・・・)」の作品群です。矢印の所に私の作品「ビルドビースト」があるのですが、残念ながら入賞は逃がしました・・・。優秀作品の中には本来合体機構の無い「ビースト戦士」を合体させたモノや、「バルディガス」をビートル●ーズ風変形にしたモノ等があった記憶が・・・(間違ってたらゴメンナサイ)
 



他には「トランス・アスロン」というゲーム形式の来場者参加企画がありました。これはまずTFに関する○×クイズを行い、勝ち抜いた者が壇上に上がって決勝のゲームに参加するというものです。

○×クイズの内容は私の記憶に残っているものは「アル・ヤンコビックは演歌が好きだ(答えは×)」「日本でオプティマスプライムの名で発売された玩具は存在しない(2000年当時・・・答えは×)」、他には米ボットコンの開催地について等々・・・かなりカルトなモノでした。
私も友人とともに正解を続けていたのですが残念ながら途中で敗れ・・・orz
 
私が間違えた問題は「出題者さんが始めて買ったTFはパワーグライドである」というもの(笑)で、イチかバチか、という事で私は○、友人は×を選びました。正解は「×」で、出題者さんが始めて購入されたTFはバンブルだったそうです。こういう悔しい記憶は忘れないモノですね(笑)
 

 


そしてクイズに勝ち残り、選ばれた6名がステージに上がり、手探りだけでTFを変形させるというゲームを行いました。この6人の中には見事クイズに勝ち残った私の友人S君(矢印)も含まれていました。
変形させているTFはミニボットの様に簡単なモノあり、ビースト戦士みたく複雑なモノもあり・・・友人はボットコンジャパン'98限定「ダブルパンチ」を変形させていました。
 
残念ながら友人はここで敗れたのですが、この中からさらに残った3名が決勝戦の変形スピードコンテスト(T-Rexメガトロンタイプの変形スピードを競うもの)に参加。優勝したのはハイドラーのコスプレをしてそのまま「ハイドラー」を名乗っていた外国の方だったと記憶しています。
 
 
 

 
ちなみに後年出た同人誌(?)「BOTCON LEGENDS」にもS君や皆様の姿が載っていました(笑)
 
友人S君はビースト~カーロボ時代は共にTFを買い捲った戦友で、実家が近い事もあってか今でもしょっちゅう酒を飲む仲です。彼は現在はTFコレクションをほぼ引退して(時折購入していますが)コーヒー鑑定やスイーツ作りを主な趣味としていますが、未だに「カーロボ」時代の話をすると盛り上がりますね~。
 


 
 


今回の目玉イベント!第一作の「コンボイ司令官」の声優でお馴染み「玄田 哲章」さんをゲストにお迎えしてのトークショー!!撮り方がアレで申し訳ないですが(汗)手前に座っていらっしゃるのが玄田さんです。
 
このトークももう一部記憶が曖昧なのですが、覚えている事を列挙していくと「コンボイ役はオーディションでは無く、オファーがあったので受けた」「シリーズ初の女性キャラ(カーリー)の声優は男性声優陣による投票で選ばれた」「現場はとにかく男だらけで、皆で伊豆に旅行に行った事がある」等・・・。
この2年前の「ボットコンジャパン'98」では「鈴置 洋孝」さんのインタビューが行われており(この時は私は途中で帰って聞けず・・・後悔しています)、その内容と被る所もあった様です。・・・というか鈴置さんのエピソードを元に、インタビュアーさんが玄田さんに確認を取るという感じだった様な・・・。
 
玄田さんご自身のお話だとTFと同じ位「魔神英雄伝ワタル」に関するエピソードも聞けました。出演声優陣でマージャンやってた事とか、「ワタル」のイベントに参加された思い出とか、田中真弓さんが玄田さんを「玄やん」と呼んでいた事とか・・・。
 
ショーの最後には玄田さんご自身の声で、
「サイバトロン戦士!トランスフォーーーーーム!!!」
の号令!!ショーを聞いてた我々もそれに合わせて「トランスフォーーーーーーム!」と大絶叫!!・・・なんかヒーローショーみたいなノリですが(しかも参加者のほとんどが大人・・・笑)、生の「コンボイ司令官」の声で「トランスフォーム!」と絶叫出来たのは、いちトランスフォーマーファンとして一生モノの思い出ですね!!
 


 


・・・とまあ様々な催しを楽しみつつ、会場内の「ディーラーブース」で色々と買い物をしておりました、画像は会場内で買った戦利品。「復刻版ウルトラマグナス」はちょうどこの時期発売されたばかりのモノでした。
 
他にも色々と展示、催しがあったのですが、今回は私の曖昧な記憶を元にまとめたのでちょっと内容が偏っているかもしれません(汗)。
ただ、この日は朝から晩まで、買ったモノも見たものも聞いた事も全てが「トランスフォーマー尽くし」という最高の一日だった事は確かです!個人的に思い入れ深い「カーロボット」が展開していた2000年をこの「ボットコンジャパン」で締めくくれたのは本当にイイ思い出になりましたね!
 
まあ翌2001年のTF国内展開がちょっとアレだった、というのも2000年が特にイイ思い出になっている理由でもありますが(笑)
 
以降は国内で「ボットコン」が開催されていないという事もあり、私にとって「西暦2000年」というのは本当に思い出深い年となりました!!