2019/10/14

特救指令ソルブレイン/ミニットブレインシリーズ・ソルブレイバー

※まずはお知らせ
この記事の一つ前にひっそりとUPしましたが、今後コメント返信に関してはある一定の基準を設ける事にしました。こちらの記事に掲載していますので、軽く目を通して戴けると幸いです。

…基準といっても、常識を逸脱した内容でなければ触れないモノばかりですので、今までコメントしてきた方は基本的には問題無いかと思います(^^)



IMG_6664.jpg
さて今回は「特救指令ソルブレイン」より

ミニットブレインシリーズ
ソルブレイバー

を紹介します。

「特救指令ソルブレイン」1991年に放映された東映特撮「メタルヒーローシリーズ」第10作であり「レスキューポリスシリーズ」第2作。

「レスキューポリスシリーズ」は1990年の「特警ウインスペクター」、翌91年「特救指令ソルブレイン」、92年「特捜エクシードラフト」からなる三部作。
従来の特撮ヒーローにおける「固定された悪の組織」「各話怪人」といった要素を排し、相手を災害や犯罪といった、より現実的な存在にしているのがシリーズの特徴。





IMG_7339.jpgIMG_7338.jpg
「特救指令ソルブレイン」は前年のウインスペクター(WSP)の好評を得て企画されたレスキューポリス第二作で、世界観的にも前作を引き継いだものとなっています。
基本フォーマットはWSPを踏襲しつつ「命だけでなく心も救う」を大きなコンセプトに挙げています。また組織やメカニックの規模も前作よりスケールアップしているのが特徴。

…私は現在配信にて、ほぼリアタイぶりに視聴。現在1クール少し観たのですが、特撮ヒーローらしいカッコ良さも勿論描きつつ、10話や11話といった命も心も救いきれてない重い展開が前半から散見されるのに驚いてます。




IMG_6672.jpg
今回紹介する「ミニットブレインシリーズ」は放映当時展開していた可動アクションフィギュアシリーズ。
前作WSPの「着化指令シリーズ」は装着コンセプトのクロス玩具でしたが、ミニットブレインはより小型化してクロス要素を排し、ダイキャスト多用をアピールした玩具となっています。

…個人的にまずミニットブレインで注目したいのはパッケージング!!
外箱を開けるとプラケースの中に本体と装備一式が入っています。外箱も良い意味であまり子供っぽくない感じで、全体的に何処となく漂うオシャレさが好みです。




IMG_6682.jpg
プラケースを開けたところ。…私は20年程前にソルブレイバーを買っていたのですが、そちらは長い歳月の中でパーツ紛失があったので、今回視聴をきっかけに新品を購入しました。

玩具のパッケージというとこの時代「厚紙&発泡スチロール」が主流だったので、ミニットブレインのプラケースの中にギッシリ詰まってる感じは良い意味で「不思議な異質さ」を感じます。





IMG_6698.jpgIMG_6685.jpg
ケース内のブリスターを取ると、ランナー成型されたツール一式とシールが入っています。中の台紙もなんか英語で色々書いてあってオトナっぽい感じ。

ちなみに台紙を開くと内側は説明書になっています、これは後ほど。




IMG_6699.jpgIMG_6702.jpg
本体とツールの他に「特製メダル」が付属、なんでメダルが付いてるのか謎だったのですがw、理由については昨年発売された書籍「レスキューポリス・シークレットファイル」に載っています。

メダルはダイキャスト製で持つと重さを感じます。個人的には子供時代「SDガンダム」「魔界村」等のキャラクターメダルや「ウルトラコイン伝説」とかが好きだったので、こうしたメダルにもワクワクしますね~

「ミニットブレインシリーズ」は本体にもダイキャストを使用。特製メダルも相まって、パッケージで持った状態から既にズシリ!と重さを感じます。
オシャレなパッケージングと重量感で、子供(&私の様な子供っぽいオッサン)に向けて「オトナっぽいワクワク感」「小さな宝物感」を演出してるのが非常に好みです。





IMG_7179.jpg
◎ソルブレイバー

特装救急警察ソルブレイン行動部隊隊長「西尾 大樹」がソリッドスーツ・ヘビータイプを「プラスアップ(装着)」した姿。
特徴的な口元や後部パイプ等、前作WSP以上にリアルな雰囲気の出たスーツが特徴的でカッコイイです。

「ミニットブレインシリーズ」は全長約8cm前後の小型サイズ、小型ながら胴体と太腿はダイキャスト製で、持つとかなりズシリ!と来ます。この「小型だけど重さで実在感を出す」というコンセプトは同社の「超合金」に近い印象を受けます。




IMG_7145_20191014113626b66.jpg
…さて、ここでいきなりサイズ比較。

ミニットブレインの約8cmというサイズは、現行バンダイ食玩の「創動(装動)」「超動(掌動)」「ソフビヒーロー」等と比べてもかなり小さく感じます。




IMG_7150_20191014113627962.jpg
ミニットブレインを見て思い出したのがタカラ社の「小さな巨人ミクロマン」、今回ミクロマンとも比較してみました。

個人的にはMBの方が小さいイメージがあったのですが、ミクロマンでも小型な方の「マグネパワーズ」とはほぼサイズが同じなのは割と驚き。




IMG_6677.jpg
ミニットブレインのコンセプトは「小型サイズを活かしたフィギュア&ビークル遊び」なのですが、当時からミクロマンを思い出しました。
(記憶が曖昧ですが、当時のCMも子供が寝ている間に動き出す、というミクロマン的要素を持っていたような…)

これに関しては書籍「レスキューポリス・シークレットファイル」でやはりミクロマンを意識していた旨が書かれていました。
…実はこの本に、私がRP玩具で推測していた事の答えがほぼ全部書いてありますw。近年発売された本という事もあって引用は極力避けますので、興味のある方は購入をお勧めします。





IMG_7168.jpgIMG_7164.jpg
頭部アップ。ソルブレイバーは頭部デザインが特徴的なのですが、小サイズという事もあって造形はやや甘い印象。

胸部分の「ウィザードサーチャー」の展開機能はありません。後に発売された「DXソルブレイバー」では再現できました。





IMG_7173.jpg
背面。印象的なパイプ部分「クラリフィケーター」は頭部と背中ジョイントに接続します。かっこいいけどコレ付けてるとパッケージに収められないというね…w





IMG_7190.jpg
可動は頭部・肩・ヒジ・股関節・ヒザが動きます。ロール軸等は一切なく、各部の可動範囲もそう広くないので、必要最小限のポーズが取れるという感じかな…。





IMG_7260.jpgIMG_7264.jpg
比較シリーズその2、ソフビ「レスキューメンバーセット(たぶん)」のソルブレイバーと。

特に頭部に顕著に感じますが、ソルブレイバーの魅力である複雑なデザインとMBの小型化というコンセプトはやや食い合いが悪い印象です。




IMG_7272.jpgIMG_7282.jpg
2016年に限定販売された「レンジャーキー」と。
レンジャーキーは口周りの造形に時代の進化を感じます。それにしてもソルブレイバーは横顔が特にカッコイイと思う。





IMG_7154_20191014113628a6f.jpg

なんかパッケージに比べ本体には厳しい意見を書きすぎたかもしれませんがw、ここで気を取り直して付属のレスキューツールを紹介。

画像はひと通りランナーから切り離した状態です。





IMG_7371.jpgIMG_7367.jpg
「ケルベロスΔ(デルタ)」はソルブレイバーの基本装備、通常形態の「ショットモード」は一見銃に見えないデザインが特徴的です。





IMG_7378.jpgIMG_7265.jpg
変形して刀身を伸ばした「スラッシュモード」はショート・ロングの2つ付属。






IMG_6708.jpgIMG_7391.jpg
スラッシュモード(ロング)の刀身はややヨレてますが、装備させた姿はやはりカッコイイ。





IMG_7344.jpgIMG_7345_20191014113713ecb.jpg
「O²パック」はクラリフィケーター後部に装着可能。ちなみにケルベロスΔショットモードも腰に装着可能です。





IMG_7362.jpgIMG_7359.jpg
「ボスワインダー」は特殊弾を発射したりワイヤーも射出できるツール。

画像はワイヤーでぶらさがり移動するイメージ。造形や可動は今の目で見ると若干苦しい部分もありますが、なんだかんだでこうしてガンガン遊ぶと楽しいです(^^)





IMG_7350.jpgIMG_7387.jpg
ソルブレイバーフル装備!。こうして様々なツールを装備して遊べるのもレスキューポリス玩具の魅力ですね。





IMG_6712.jpg
ちなみに私は2つ持ってるので、並べて遊べば第8話「消えた強化スーツ」のソルブレイバーVSプロトスーツの戦いぽく遊べます(色が違う部分は隠してるw)

腕に覚えのある方なら、リペイントしてプロトスーツを再現しそうですね~。





IMG_7409.jpg
同じミニットブレインシリーズの「ソルギャロップ」と。MBはソルギャロップや「ソルドレッカー」とのビークル遊びを前提にしたシリーズなので、やはりビークル玩具と並べると雰囲気出ますね~。
当時はソルブレイバーとソルギャロップのセット箱も発売されました。

私事ですがリアタイの頃はミニットブレインのCMにワクワクしつつも、当時小学校高学年で「もうオモチャ買うのは恥ずかしいな…」とか思ってた記憶があります。…まさか今になってオモチャ集めが趣味になるとはな!w




IMG_7399.jpg
…実際乗せてみると意外な程ギュウギュウで驚きましたが…w、乗せるというよりは、ほぼ寝かせて入れる感じです。

私のはジャンク品な上に今回はあっさりですが、ソルギャロップも「スプリングでドア開閉」「電池使用でライト&サウンド」「合金ボディでズシリと来る重量感」と見所の多いアイテムです。





IMG_7227.jpgIMG_7246.jpg
同じくソルブレインのビークル玩具「DXソリッドステイツ-Ⅰ」と並べてみました。スケールは違いますがまあ気分気分…

ソリッドステイツもプレイバリューが非常に高いアイテムなので、いつか記事にしたいですね~。





IMG_7292.jpg
比較シリーズその3、今度はメタルヒーロー系と。
「超人機メタルダー('87)/ゴーストバンクシリーズ」「世界忍者戦ジライヤ('88)/忍者大戦シリーズ」とMBはサイズが近いです。





IMG_7300.jpgIMG_7294.jpg
若干強引ではありますが、画像の様にジライヤの「ブラックセイバー」にソルブレイバーを乗せる事も可能。

運転席はやや窮屈ですがw、これでもソルギャロップよりは運転してる雰囲気出てるかも…。こうしたメタルヒーローの各種ビークルと絡めた記事をいずれ作りたいと考えています。





IMG_7141.jpg
レスキューポリス同士で「特警ウインスペクター('90)/着化指令シリーズ」「特捜エクシードラフト('92)/トライジャケットシリーズ」を用意しました。






IMG_7199.jpgIMG_7205.jpg
こうして並べると箱・本体共にソルブレイバーの小ささが印象に残ります。ミニットブレインのコンセプトそのものは好みなのですが、やはりクロス玩具系のソルブレイバーも欲しかったかも…(いつかフィギュアーツ辺りで揃わないかなあ…)

ちなみにこうして並べて気づいたのですが、MBは聖衣大系素体の「着化指令」に比べてプロポーションそのものは良い感じがしますね。





IMG_6694.jpgIMG_7184.jpg
説明書&パッケージ裏。パケ裏ではやはりダイキャスト使用をアピールしています。

…今回のミニットブレイン、正直本体の造形や可動はいま一つ食い足りない部分を受けるのですが、ツールを装備させたりビークルに乗せたりといった遊びそのものは楽しいです。

個人的に評価したいのは玩具の出来以上に、パッケージング等も含めたセンスの良さ。
「小ささと重さで実在感を演出」する超合金的な魅力と、「プラケースに収納できる、子供の小さな友達」というミクロマン的な魅力を合わせ持ったかの様なコンセプトで、
「何処かオトナっぽい雰囲気を持った、子供の小さな宝物感」を全力で演出しているのが、個人的に自分の中にある子供心にビンビン来ますね~

実際当時の子供はどう思ったのかはわかりませんがw、少なくとも私の琴線にはかなり触れました(^^)




IMG_6600.jpg
ミニットブレインに関しては先日「ソルドレッカー」を入手する機会もあったので、今後他のメタルヒーロー玩具も合わせたビークル遊びの記事も作りたいな~…と漠然と考えています。

まあ今は忙しかったり他に記事にしたい玩具も渋滞してる状況なので、ある程度本編視聴を進めていってからになりそうかな…

関連記事
スポンサーサイト